プログリーンとは?

プログリーンとは?

プログリーンは 1987 年に米国コロラド州で産声を上げました。1987 年未だ人工芝がいまのように一般的になっていない時にプログリーンは誕生しました。それは、ある一人のゴルフ愛好家の願望によって産まれました。

そのゴルファーの名はスティーブ・ウォーカー(後に Progreen Internatinal の創業者になる)。彼は考えました。 「自宅でコースと同等のグリーンを造れば、いつでも好きな時にパッティングの練習ができスコアがアップするのでは?」と・・・。

早速彼は、自宅の庭に天然芝でパッティンググリーンを造ってみました。初期費用は掛かりませんでしたが、肥料を与えたり、毎日の散水、雑草取り等、日々のメンテナンスが大変、そしてしっかりとメンテナンスをしても、所々が枯れてしまったり、芝の長さが均一に保てなかったり。そしてスティーブは、天然芝のパッティンググリーンの維持の大変さを痛感します。しかし、彼は、「自宅にコースと同様のパッティンググリーンを造る」という夢を諦めませんでした。

世界初ゴルフ用人工芝誕生秘話

そして、友人に誘われていったテニスコートで人工芝と出会いました。それは、砂入れの人工芝でした。スティーブは「これだ!人工芝だ!!」「自宅に人工芝でパッティンググリーンを造ろう!!」と考えました。そして、テニスコートと同じ砂入れの人工芝を自宅の庭に施工をしてみました。そして、完成後ボールを転がしてみましたが、どこかパッティンググリーンとは違っていました。人工芝の毛足の長さ、充填してある砂の粒の粒子・・・等々。

スティーブは人工芝メーカーの担当者と何度も何度も打ち合わせを重ね、試作品を造り、改良を加え、そしてついに本グリーンと同等の人工芝の開発にたどり着きました。その年月は十年近くを費やしました。その結果誕生した人工芝がプログリーンです。現在の世界初のゴルフ用人工芝プログリーンのスタートです。

プログリーンの特長

プログリーンの一番の特長は何といってもゴルフ用に世界で初めて開発された人工芝であるということです。

そして充填物の種類や分量、パッティンググリーン造成の肝になるベースの施工など、研究を重ね、豊富な施工実績に裏打ちされた施工方法。プログリーンは独自の人工芝でパッティンググリーンを造るひとつのシステムを有しています。

独自のセラミックの粒「トップドレッシング」もプログリーン・システムの特徴のひとつです。

このトップドレッシングにより、ボールの転がり、ボールのバウンド、そして景観、すべてにおいてゴルフコースのパッティンググリーンと遜色のないグリーンの造成を実現しました。

【プログリーン・システムの施工に関しての詳細はこちらからご覧いただけます。】 是非プログリーンをご体験ください。

進化するプログリーン

そして、当初のラインナップはパッティンググリーンの人工芝のみでしたが、現在では、パッティンググリーンのみならず、ラフ練習用人工芝・アプローチ用人工芝・ショット用人工芝とラインナップも充実しています。近年は、人工芝も普及し、様々な製品を目にすることができるようになりました。

プログリーンは、世界で初めてのゴルフ用人工芝を開発し Progreen as NO1 of the golf turf 現在プログリーンは米国の人工芝専門メーカーSprintuf 社のディビジョンカンパニーなっています。

Sprintuf 社はスティーブ・ウォーカーと共にゴルフ用人工芝を共同開発した、人工芝専門メーカーです。そして、北米で唯一、樹脂から糸を造り、人工芝を製造する、人工芝一貫メーカーです。その高い技術により、北米の多くの競技場の人工芝を施工しています。

厳選された樹脂から、ヤーンを造り、独自構造の基布にその糸を縫い上げて人工芝を製造、すべて北米にある自社工場で厳格な管理の元製造されたいます。 北米唯一の人工芝一貫製造工場で造られるプログリーンの人工芝は、Maid inUSA 製品です。

その人工芝は、雨や雪、そして紫外線に耐久性に優れ、堅牢な人工芝専門メーカーが培った技術をもった人工芝です

ゴルフ用人工芝 プログリーン